ブログトップ

手塚の一行レビュー

tetsuka.exblog.jp

1/22- 1/27「Nameless Poison~黒衣の僧」(Noism1)@東京芸術劇場小1

★★ 01/24 舞台から感じる違和感の理由は個々のダンサーが観客とは全く異なる音楽を聞いて踊っている所為らしい。 (手塚)

(追記)それなら個々の観客にも、どのダンサーの聴いてる曲で舞台観る?って選ばせてくれてもいいような気がしてきた。もちろん観客の責任で。
http://twitter.com/kettlemonkey/status/8154254699

(2010.1.31追記) 図書館でチェーホフ全集借りて短編「黒衣の僧」読了。意外だったのは主人公だけにしか姿の見えない黒衣の僧が彼にとっては幸福感をもたらす存在だったこと。この誇大妄想狂の話が、現代人の孤独な全能感につながりそうだという直観は面白いと思った。
http://twitter.com/kettlemonkey/status/8415413066

(2010.2.3追記)先日のNoismのもう一つのチェーホフ原作「第六病棟」。自分の読んだ中央公論社の全集では「六号室」。怖い話だなぁ。あまり笑えない。昨晩NHKスペシャル「無縁死」の再放送を観ていたのでなおさら。主人公の孤独な死がホントに他人事と思えない。
http://twitter.com/kettlemonkey/statuses/8585110507
[PR]
by masarutetsuka | 2010-01-24 21:07 | ダンス
<< 1/30- 1/31「チェーホ... 1/22- 1/25「私が踊る... >>