人気ブログランキング |
ブログトップ

手塚の一行レビュー

tetsuka.exblog.jp

8/ 1- 8/10「蝶のやうな私の郷愁」(燐光群+グッドフェローズ)@SPACE雑遊

★★★  08/07 改訂が占部さんへの当て書きに思える程。奥村さんのリアルな舞台美術も見事。 (手塚)

(2006.8.8追記) この劇の題名は、三好達治の「郷愁」という詩の冒頭の句で、その詩の中には「――海よ、僕らの使ふ文字では、お前の中に母がゐる。そして母よ、仏蘭西人の言葉では、あなたの中に海がある」という有名なくだりがあるんだそうです。

(2006.10.10追記) 雑誌「せりふの時代」2006秋号に戯曲が掲載されてて、そこでの松田さんの「上演記録」の文によると、「「姉の死」など、いくつかのエピソードを加え、結末も変更した」のは、1999年の京都アトリエ劇研での再演時だそうです。男が初演時と同じMONOの土田さん、女は三角フラスコの花田明子さんが演じたそうで、そういえば、花田さんは、その頃、あまがさき近松創造劇場「蜻蛉(かげろう)」「風花」と続けて松田作品に出られてた方ですが、今はどうされてるのかな。

(2006.10.11追記) 花田明子さんは演劇界を離れられてしまったようです。残念。
by masarutetsuka | 2006-08-07 22:21 | 演劇
<< 8/ 5- 8/20「血の婚礼... 7/24- 7/30「トリスタ... >>