人気ブログランキング |
ブログトップ

手塚の一行レビュー

tetsuka.exblog.jp

<   2001年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2000年の書き込み

12/22-12/25「Death Musical 死期」(ゴキブリコンビナート)@法政大学学生会館大H
★★   12/24 初見。時折漂う家畜の匂いには閉口。それから少し長く感じた。でもまだ荒削りの魅力。 (手塚)

12/ 7-12/17「リチャード三世」(メジャーリーグ)@六行会ホール
★    12/14 周囲や演出の大仰さと主役の大地康雄の落差が微笑ましくも愛すべきキャラクターに思えた。 (手塚)

11/25-12/ 3「将来への不安/ファーブル…」(猫ニャー)@シアターモリエール
★★   12/04 「将来」は飯島愛の自叙伝みたいなものなのかなと毎日新聞の書評を読んで思った。 (手塚)

11/15-12/20「文学座アトリエ50周年記念…」(小林勝也出演)@文学座アトリエ
★★★  12/04 「蝶」松田戯曲の外見に似ぬ芯の強さを感じた。「石松」1時間45分一人語り。でも面白かった。 (手塚)

11/27-11/30「バッハと憂き世」(アラン・プラテル・バレエ)@東京国際フォーラムC
★★★  11/28 こういうの、逆説的な意味じゃなくて、趣味がよいというのかなと思った。 (手塚)

11/ 4-11/19「萩家の三姉妹」(二兎社)@シアタートラム
★★★★ 11/06 ちゃんと三人姉妹の本歌取りになっているところがすばらしく面白かった。 (手塚)

10/20-11/ 7「流星」(維新派)@南港ふれあい港館広場
★★   11/04 音楽がダムタイプみたい。王國三部作で古代近代未来を見通して、次はどこへ行くのでしょうか。 (手塚)

10/28-11/ 5「街踏劇 ぼちぼちいこか 」(199Q太陽族 最終公演 )@天王寺公園内河底池西
-感想- 11/04 半分しか観れなかったので星つけれないけど、わくわくして楽しかった。 (手塚)

11/ 3-11/ 5「NINAGAWA火の鳥」(今井絵理子出演)@さいたまスーパーア…
★★★  11/04 開演直前の蜷川さんから役者さんとスタッフへの心配りの指示のアナウンスでますます蜷川ファンになりました。 (手塚)

9/15-9/17「超リーグ」(超歌劇団)@タイニイ・アリス
★★   09/16 うるけん一郎太さんの真摯な眼差しは周りを巻き込むトルネードですね。 (手塚)

9/14- 9/16「超リーグ」(超歌劇団)@タイニイ・アリス
●情報● 09/16 ここの公演期間情報ちがってますね。9/15-9/17(日)までです。 (手塚)

7/ 5- 7/ 9「サヨナラ・ニッポン」(player's market )@下北沢「劇」小劇場
★★   07/08 飛ぶ劇場の泊篤志の本を離風霊船の伊東由美子が演出。道学先生のかんのひとみがうまい。ニッポンを葬る話? (手塚)

6/ 1- 6/ 4「錦鯉」(MONO)@中野ザ・ポケット
★★★  06/03 世の中とはちょっとだけずれているけど普通の人たちな感じがとても面白かった。 (手塚)

5/26- 6/ 4「夜の墓場で運動」(猫ニャー)@THEATER/TOPS
★★   06/03 小さい頃は怪談とか暗闇とか怖かったのに今は怖くなくなってしまったのはなんでかなと思いました。 (手塚)

4/22- 4/23「ヂャンヂャン☆オペラ 青空 」(ENBUゼミ・松本雄吉クラス)@フジタヴァンテ
★★   04/25 よくやってました。生の台詞がとてもよく聞こえた。4人の助っ人もうれしい。この作品は大好き。 (手塚)

3/31- 4/ 2「いとしいいとしいといふ心」(猫のお尻)@扇町ミュージアムS
★★   04/01 当て書きなので初演知らない自分でも比較してしまうが無理を承知で再演する心意気に。 (手塚)

3/ 9- 3/12「モンキー・マン」(アコカ)@東京グローブ座
★★   03/11 初見。夢の時間がだんだん長くなって最後は現実が夢に包まれるような気がした。 (手塚)

2/28- 3/26「奇跡の人」(ホリプロ)@シアターコクーン
-感想- 02/28 ゲネ拝見。完成度高。しのぶさすが。鈴木演出脇もくっきり。管野あばれてもかわいい。 (手塚)

1/11- 1/29「怒濤」(マキノノゾミ演出)@新国立劇場小劇場
★★★  01/16 高橋幸治の北里柴三郎がすばらしい。ラッパ屋の絵里子さん丸くなったけど、かわいい。 (手塚)

1/ 9- 1/15「るつぼ」(夜想会)@紀伊國屋ホール
★★   01/10 赤狩り経験者A.ミラーの寓話。前半もう少し笑えれば後半もっと怖かったかも。でも感動。 (手塚)
by masarutetsuka | 2001-11-01 00:00 | 演劇