ブログトップ

手塚の一行レビュー

tetsuka.exblog.jp

<   2004年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

11/25-12/ 5「諸国を遍歴する二人の騎士…」(青年座)@下北沢駅前劇場

★★   11/27 観たかった別役戯曲。「マッチ売りの少女」とこの作品の間で、さほど距離を感じないのはすごい。 (手塚)
[PR]
by masarutetsuka | 2004-11-27 23:39 | 演劇

11/ 6-11/23「ピローマン」(長塚圭史演出)@PARCO劇場

★★★  11/24 あまりに後藤ひろひと作品を連想させられて、マクドナーなんかに負けてほしくないとか思ってしまった。 (手塚)

http://t.pia.co.jp/play-p/pillowman/pillowman.html
――ちょっとストーリーが「人間風車」(劇団遊気舎で1997年初演、PARCO劇場では2000年と2003年に上演された後藤ひろひとの人気作)に通じる感じがしますね。

長塚「それはもう、ロンドンでこの作品を初めて観た時にびっくりしましたよ。地球上のこんなに離れた場所で、こんなにも近いことを書いてる人がいるなんて!と。ただ、後藤さんはあの作品を、ちょっと悪意でおもしろがりながら書いてたって聞いたんですけど、『ピローマン』はもっと、作家の持つ宿命みたいなものを突き詰めて書いてるんですね。そこが実に面白くて。……だから僕は、この作品には真面目に取り組みたいし、真面目に面白さを探っていきたい。その中で、心に触れてくる何かを頼りに作っていこうと思うんです。マクドナーの作品は面白いんだっていうことを、きちんとみんなに伝えたいから」

ぴあインタビュー記事(文:小川 志津子)より引用

もうひとつ、今回の戯曲を翻訳された目黒条さんの日記サイトにあった、マクドナーの言葉が印象的だったので引用します。

「僕は笑わない。どんなものを見ても決して笑ったりしない」...「僕はただ、人はどういうところで笑うかをいつも観察してるだけ」。


演出の長塚圭史さんのインタビュー記事みつけました。文学誌「すばる」の「ひと」のコーナーです。
「子どもの頃は、人形遊びみたいのが大好きで、ひとりで何時間でも遊べたんですね。」

これって、たしか三谷幸喜もそんなこと書いてたような気がする。

マクドナーの芝居に前後して、たまたまラース・フォン・トリアー監督の『ドッグヴィル』"Dogville"という映画のDVDを観てて、とても近いモノを感じていたのですが、この映画の村人の一人、運転手ベンの役をやっていた俳優さん(Zeljko Ivanek)が、ブロードウェイ版の The Pillowman の配役に予定されているという記事を見つけました。近いと感じた点というのは、田舎の話(リーナン三部作)である点や、寓話的(ピローマン)なところです。
[PR]
by masarutetsuka | 2004-11-24 01:02 | 演劇

11/22-11/23「道成寺」(山の手事情社)@早稲田大学大隈講堂

★★★★ 11/22 美しい舞台。大蛇の表現も見事。これが無料なんて早稲田っていいなあ。 (手塚)
[PR]
by masarutetsuka | 2004-11-22 23:26 | 演劇

2004年これまでの書き込み

11/21-11/23「現代ダンス公演」(上海歌舞団)@神奈川県民大ホール
★★   11/21 冒頭の兵馬俑の踊りは大魔神みたいでワクワクする。ウジャチィさんがキレイ。 (手塚)

11/ 8-11/21「二人の女兵士の物語」(THE LOFT III)@新国立劇場小劇場
無星   11/20 自分にはわけ分からなかったので評価できなかっただけです。 (手塚)

11/16-11/22「ビューティークィーン・オ…」(演劇集団円)@シアターX
★★   11/19 娘役の立石さんが可愛らしく、憎らしい母親役の有田さんと互いを引き立てあってる。 (手塚)

11/16-11/17「玄朴と長英」(第七劇場)@都立戸山公演特設会場(早稲田)
★    11/17 日本的自我を描いた作品なのかな?なぜ今この作品を課題にしたのだろう? (手塚)

11/16-11/17「授業」(楽園王)@都立戸山公演特設会場(早稲田)
★★   11/16 BeSeTo演劇祭ではこの会場もなかなかよい感じ。要防寒。カッコーってナイフのことだったのか。 (手塚)

11/ 1-11/21「見よ、飛行機の高く飛べるを」(井川遥出演)@シアタートラム
★★★★ 11/14 シンプルで力強い演出が永井戯曲の骨格を浮き彫りに。心動かされました。 (手塚)

11/ 9-11/14「バニッシング・ポイント」(フィリップ・ジャンティ・カンパニー)@ルテアトル銀座
★★   11/13 久しぶりにルネ・オーブリーの音楽で昔に戻ったみたい。 (手塚)

11/10-11/11「こゝろ」(Ort-d.d)@学習院女子大(北門)
★★★  11/10 リーディングかと思ったら、ちゃんとした舞台で千円はお得。会場の雰囲気も○。駅から遠いので注意! (手塚)

11/ 4-11/ 7「上海異人娼館」(ダンス・エレマン2004)@東京キネマ倶楽部
★★★  11/07 古賀さん、つかの時とキャラかぶってないですか(^^;一夜のエンタテインメントって感じ。 (手塚)

10/29-11/10「VR」(シベリア少女鉄道)@下北沢駅前劇場
★★   11/07 端だったのでナビばかり観ちゃったけど、もしナビなしで観れたら、それはそれでスゴイ。 (手塚)

11/ 3-11/ 9「黒いOL」(庭劇団ペニノ)@西新宿広場
★★   11/05 あそこはショムニみたいなところなの?双眼鏡を何時使えばいいのか悩む。 (手塚)

11/ 3-11/ 7「労苦の終わり」(チェルフィッチュ)@横浜STスポット
★★★  11/03 2時間(休憩有)の大作? ビールでも飲みながら「リラックスして見ていただきたい」とのこと。賛成します。 (手塚)

10/30-11/ 7「しゃんしゃん影法師」(桟敷童子)@中野光座
★★   11/02 飯塚さんをまた見れてうれしい。アングラなのに、なぜかキャラメルボックスを連想。 (手塚)

10/28-10/31「天の煙」(平田オリザ演出)@富士見市民文化会館
★★   10/31 平田演出をもってしても相変らずよく分からない世界なのだけど、そういうものなのかな? (手塚)

10/22-10/24「イラクから、船乗りたちのメッセージ」(アル・ムルワッス劇団)@アリス零番館-IST
★★   10/24 イラクの歌舞音曲ライブ。第二部マイム劇と最後の歌の順を入れ替えたそう。段取りよくないが後味は悪くない。 (手塚)

10/ 8-10/20「アンティゴネ」(ク・ナウカ)@東京国立博物館本館前
●情報● 10/20 10/20公演中止だそうです。楽日なのに残念。払戻情報はhttp://www.kunauka.or.jp/jp/ (手塚)

10/ 8-10/20「アンティゴネ」(ク・ナウカ)@東京国立博物館本館前
★★★★ 10/19 天候最悪だったけど揺ぎ無い舞台。特に美加理さんすばらしい。ジャンヌ・ダルクみたい。 (手塚)

10/12-10/17「いやむしろわすれて草」(青年団リンク・五反田団)@こまばアゴラ劇場
★★★  10/15 子供の頃に泣く理由ってそうだったよなと忘れていたことを思い出させられた。 (手塚)

9/25-10/11「リア王の悲劇」(佐藤信演出・石橋蓮司出演)@世田谷パブリックシ…
★    10/03 SePTの沙翁企画は大いに評価したいが点睛を欠く感じで舞台としては退屈。 (手塚)

9/16- 9/20「じゃぐちをひねればみずはでる」(演劇計画2004 +)@こまばアゴラ劇場
-感想- 09/19 「水が」ではなく「水は」なのはなんでかな? 内田さんがときどき老女に見えた。 (手塚)

9/17- 9/21「たびだち」(演劇弁当猫ニャー)@中野ウェストエンドスタジオ
★★   09/19 これで解散と思うとやっぱり少しさびしい。十周年って、にんじんボーンと同じか! (手塚)

9/15- 9/21「サルの着ぐるみを見に行こう」(にんじんボーン@駅前劇場
★★   09/18 「小津」シリーズの原点となった作品を見れるとは思わなかったのでうれしかった。 (手塚)

9/ 3- 9/ 5「青木さん家の奥さんⅡ 」(南河内万歳一座)@芝居砦・満天星
★★   09/05 女優さんの表情が間近で観れて幸せでしたが一番真に迫ってたのは荒谷さん。 (手塚)

8/23- 8/24「ユーモアinダンス東西バトル」(We Love Dance Festival)@パークタワーホール
-感想- 08/24 Bプロ。こちらも3番目の前橋スタッカートが微笑ましくて好みでした。 (手塚)

8/23- 8/24「ユーモアinダンス東西バトル」(We Love Dance Festival)@パークタワーホール
-感想- 08/24 Aプロ。北村成美が観るの2回目ですが一番好み。チェルフィッチュ初見、本公演も観てみたい。 (手塚)

8/12- 8/29「シカゴの性倒錯/カモの変…」(tpt )@ベニサン・ピット
★★   08/15 カモもSexも題材として変わりないのかも。女優さん二人とも清潔感あるのがよいのか悪いのか? (手塚)

7/15- 8/15「偶然の男」(長塚京三・キムラ緑子出演)@スフィアメックス
★★★  08/10 ヤスミナ・レザは面白い!役者も魅力的だし、鈴勝さんらしかぬ?わかりやすさ。 (手塚)

7/31- 8/ 8「ビリーとヘレン」(舘形比呂一・絵麻緒ゆう)@ル テアトル銀座
★★★  08/08 文学座で以前やった「夢の島イニシュマーン」だったのか! 比呂一ファンに独占させるのはもったいない。 (手塚)

7/17- 7/18「百物語」(白石加代子出演)@岩波ホール
★★★  07/18 雨月物語は難しかったけど、気合いの入った白石さんに圧倒されました。 (手塚)

7/ 4- 7/25「MIDSUMMER CAROL 」(後藤ひろひと作・G2演出)@PARCO劇場
★★★  07/18 パコちゃんかわいかった。久しぶりに見た大王脚本の屈折のなさに隔世の感。 (手塚)

7/15- 7/18「エレクトラ」(麻実れい出演)@王子ホール
★★★  07/16 ソプラノの飯田みち代さんのエレクトラがよかった。ファンになってしまいました。 (手塚)

7/ 1- 7/11「もう風も吹かない」(OPAP+青年団)@淵野辺 PRUNUS HALL
★★   07/09 B公演チケット500円。これは平田オリザ版「あいのり」ではなかろかと思った。 (手塚)

7/ 1- 7/11「もう風も吹かない」(OPAP+青年団)@淵野辺 PRUNUS HALL
★★★★ 07/04 出演者たちの今しかできない演技だからこそ間を置かず再演が観れてうれしかった。 (手塚)

6/17- 7/ 4「暗愚小傳」(青年団)@こまばアゴラ劇場
★★   07/01 いつもの「他人なんて何考えてるかわからない」って感じよりも「自分にはこう見える」って感じが少し強く感じられた。 (手塚)

6/16- 6/19「アメリア」(ラ・ラ・ラ・ヒューマン…)@さいたま芸術劇場大
★★★★ 06/18 前作「ソルト」が進化するとこうなるのか! 夢の中で踊る瞬間だけ生命をもつ機械人形みたい。 (手塚)

6/10- 6/20「続・殺人狂時代」(流山児★事務所)@本多劇場
★    06/14 観世栄夫さんてルパン三世のマモーに似てません?「言葉」を三回繰り返すのはハムレットの台詞。 (手塚)

6/10- 6/13「中野金属荘、PK戦」(桃園会)@ザ・スズナリ
★    06/12 こういうのはちょっと苦手。夢をそのまま見せられても困るという感じ。 (手塚)

6/ 6- 6/ 6「マクベス」(新潟りゅーとぴあ主催)@銕仙会(てっせんかい)能楽研修所
★★★  06/06 3人の魔女とその鏡像のように、おかっぱ白塗りで演じ歌う狂言回しの童女役の6人が◎。 (手塚)

6/ 2- 6/ 6「島式振動器官」(マレビトの会)@こまばアゴラ劇場
★★   06/03 終始、訳解らないですが、意外に通俗SFちっくな軽いイメージが好印象。 (手塚)

5/19- 5/30「Life×3 」(演劇集団円)@ステージ円
★★   05/27 作家の透徹した視線は大変好みだが、最初のバージョンはもう少し笑いが欲しい? (手塚)

5/24- 5/30「おやすまなさい」(青年団リンク・五反田団)@こまばアゴラ劇場
★★   05/27 B(女x男)。黒田さんみたく気持ちよさそうに寝られたら妬ましくなるのも尤もかも。 (手塚)

5/22- 5/30「曲がり角の向こうには」(ひょうご舞台芸術)@紀伊國屋ホール
★★   05/25 三組の夫婦の話なんだけど、なんか男三人の芝居「アート」を連想した。 (手塚)

5/19- 5/23「通過」(青年団若手自主公演Vol.17)@こまばアゴラ劇場
-感想- 05/21 役者も美術も本公演並。でも嫌な気持ちにさせられたし、あまりに即物的な感も。 (手塚)

5/12- 5/23「バナナがすきなひと」(ダンダンブエノ)@青山円形劇場
★★★  05/19 TV「てるてる家族」も好きだったけど役者さんの魅力を生かしたすてきなお話。 (手塚)

5/12- 5/16「サイコの晩餐」(モンキー・ロード)@中野MOMO
★★   05/13 女優さんばかり6人の芝居。いつものはせ作品と同じ実験性と折り目正しさに好感。おまけも楽しい。 (手塚)

4/29- 5/16「山羊」(青年団国際演劇交流プロ…)@こまばアゴラ劇場
★★★  05/12 すばらしく面白い脚本でした。悲しいけど笑えるファンタジー。 (手塚)

5/ 6- 5/16「名は五徳」(俳優座劇場プロデュース)@俳優座劇場
★★   05/08 自分には、五徳のわがままにしか見えなかったのは、夢を共有できなかったからでしょうか。 (手塚)

5/ 6- 5/ 9「トーキョー/不在/ハムレ…」(遊園地再生事業団)@神楽坂die pratze
-感想- 05/07 リーディング公演。出演者15人で2時間半。でも終わらない小説みたい。 (手塚)

5/ 5- 5/ 6「くねくねし」(悪運ダイヤ改めくねくねし)@下北沢駅前劇場
●情報● 05/07 リストの公演期間情報が違ってますね。公演は5/8~5/11。これからですよ! (手塚)

5/ 5- 5/ 5「オールビー作品リーディング」(青年団国際演劇交流プロ…)@こまばアゴラ劇場
-感想- 05/05 Aプロ。シチュエーションはわかるのだが、だからなに?という感じで消化不良。 (手塚)

5/3「オールビー作品リーディング」(青年団国際演劇交流プロ…)@こまばアゴラ劇場
★★   05/03 Bプロ。「砂箱」黒田さんの役に脱力。でもそれでいいの?「動物園...」余計なものがない分、台詞に集中できた。 (手塚)

5/ 1- 5/ 2「筋弛緩剤を打て」(超歌劇団)@神楽坂die pratze
★★   05/01 初めて観たときも思ったけどあらためて夏の夜の職人の「冗漫にして簡潔な」芝居。 (手塚)

4/20- 4/25「夏の夜の音/夜の江ノ電」(あなんじゅぱす2本立て… )@こまばアゴラ劇場
★★★  04/24 夏の夜はシェイクスピアではなく子規なんですね。福士さんの朗読部門2位のプロフィールにちょっとびっくり。 (手塚)

3/17- 4/18「スター誕生」(ラサール石井脚本・演出)@青山劇場
★★★  04/17 ラサールさんが流山児でやった時代劇ミュージカルを劇中劇で観れてうれしかった。 (手塚)

4/ 9- 4/18「東京ノート」(青年団若手公演)@こまばアゴラ劇場
★★★  04/15 Aチーム。こちらのキャスティングは東京と田舎が逆転したみたいでスリリングでした。 (手塚)

4/ 9- 4/18「東京ノート」(青年団若手公演)@こまばアゴラ劇場
★★★★ 04/14 Bチーム。この作品観るの4,5回目だけど、段々自分の涙腺が緩むのが早くなってる気がする。 (手塚)

4/ 7- 4/14「スマイル・ザ・スマッシャー」(ペンギンプルペイルパイ…)@ザ・スズナリ
-感想- 04/12 初PPPP。戯曲賞と勲章は何か関連あり?ケラの世界に岩松の人物がいるみたい。山本密さん久しぶりに観た。 (手塚)

4/ 8- 4/11「黄昏のカンガルーハイツ」(立身出世劇場)@下北沢駅前劇場
★★   04/09 昔のような桟敷で観たかったかな。これからも夢みる力を信じてがんばってもらいたいです。 (手塚)

3/31- 4/ 6「ながく吐息」(青年団リンク・五反田団)@こまばアゴラ劇場
★★★  04/05 連帯感とか情けなくもしみじみしたりして、なんだかとってもいい感じだった。 (手塚)

3/25- 4/11「かもめ」(tpt )@ベニサン・ピット
★★   04/03 客席を湖に見立て黒地を反射させる美術と、役者さんの若さ(特にトリゴーリン)が興味深かった。 (手塚)

3/24- 3/31「ドレッサー」(演劇企画怪竜堂P)@中野ザ・ポケット
★★   03/31 面白かったんですが、でも脇で女優さんたちに着替えさせる演出はどうかと。 (手塚)

3/27- 3/30「2004年、ぼくは普通」(青年団若手自主企画)@こまばアゴラ劇場
-感想- 03/30 青山さんの鼻にかかった声が中越典子に似てると思った。それだけだけど。 (手塚)

3/10- 3/22「ウチハソバヤジャナイ」(シリーウォークP)@ザ・スズナリ
★★   03/21 もうこれはケラ作品ではないけど、でも、その中心性のなさがより優れて現代的に。 (手塚)

3/10- 3/14「FLOWER PICKING」(珍しいキノコ舞踊団)@学芸大学CLASKA
★★★  03/14 キノコダンサー魅力全開。新人加入で各人の個性も前面に。でも振付が物足りないと思うのは贅沢? (手塚)

3/ 5- 3/21「2ピアノ4ハンズ」(テッド・ダイクストラ&…)@ル テアトル銀座
★★★  03/13 子供の頃に習い事はしたことないけど、誰にでも共感するところはあると思う。 (手塚)

2/20- 3/ 7「ワニを素手でつかまえる方法」(タ・マニネ)@PARCO劇場
★★ 03/06 緒川たまきが最後に語る情景が美しい。なんか岩松とケラって作風近づいてないですか? (手塚)

3/ 2- 3/ 3「花は流れて時は固まる」(BATIK )@パークタワーホール
★★   03/02 ニブロールに続き超満員で立見。でも一時間強。ちょっと怖かった。 (手塚)

2/17- 3/10「美しきものの伝説」(シス・カンパニー)@紀伊國屋ホール
★★★  02/29 佐戸井けん太さん演ずる幽然坊(辻潤)の語りの場面が好き。人物関係は要予習。 (手塚)

2/20- 2/24「男優」(青年団若手自主企画Vol.14)@アトリエ春風舎
★    02/24 演劇のもどかしさをそのまま舞台に上げられても観る側も困ってしまう。 (手塚)

2/18- 2/22「スペインの燦き」(新国立劇場オペラ)@新国立劇場オペラ劇場
★★★★ 02/20 すごいスペクタクル。ダフニスとクロエが圧巻。美加理さんも大活躍。 (手塚)

1/15- 2/ 7「ロミオとジュリエット」(鴻上尚史演出)@東京グローブ座
無星   02/06 なんちゃってシェイクスピア? 最後はシベリア超特急かと思った。 (手塚)

1/24- 2/ 1「クレオパトラの鼻」(トレランス)@俳優座劇場
★    01/30 途中、話についてけなかったけど、自分のルーツの再発見の話だったのかな? (手塚)

1/27- 2/ 1「東京コンバット2004」(にんじんボーン)@ザ・スズナリ
★★★  01/30 宮本さん10年前はこんな芝居もやってたのか。かっこいい。 (手塚)

1/19- 1/25「スティール・マグノリアス」(演劇集団円 EN-chante)@ステージ円
★★★  01/25 映画知らずにこの舞台を先に見て、後からビデオ観たので二度楽しめました。 (手塚)

1/22- 1/25「あなたがにぎった、しおむ…」(にんじんボーン)@ザ・スズナリ
★★   01/23 不動産屋の話はあまり好きじゃないかも。でも山口&宇奈月コンビは最高。 (手塚)

1/16- 1/18「だれか、来る」(公共ホール演劇製作ネッ…)@世田谷パブリックシ…
★★★  01/18 作家と演出家の対談記事中の"alone together"という言葉が象徴的でした。 (手塚)

1/ 7- 1/12「ウォッチ・ミー・イフ・ユ…」(シベリア少女鉄道)@下北沢駅前劇場
★★★  01/12 かなり楽しい。物の本によれば「リズムのなかで人は相互に自己を見るように他者を見る」とか。 (手塚)

1/10- 1/11「ノルウェー現代戯曲ヨン・フォッセ上演シリーズ」(青年団リンク・地点)@富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ
★★ 01/12 Bプロ。『ある夏の一日』イプセンの「海の夫人」を連想させる佳作だが方向は正反対。 (手塚)

1/10- 1/10「寺山修司の奴婢訓(ぬひくん)」(J・A・シーザー演出・音楽)@杜のホールはしもと
★    01/11 ルールを決めるのはそれを守るだけでなく、破る楽しみもあるからなのかな。 (手塚)
[PR]
by masarutetsuka | 2004-11-22 00:00 | 演劇