ブログトップ

手塚の一行レビュー

tetsuka.exblog.jp

<   2004年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

12/25-12/28「リア王-影法師-」(りゅーとぴあ能楽堂)@東中野・梅若能楽学院会館

★★   12/27 白石リアに感情移入。こんなにかわいらしくも哀しいリアは初めて。上の二人の娘たちまで哀しい。 (手塚)

白石さんはパンフで今回のリア王について、
リアの悲劇には父親の悲劇というだけではなくて、母の悲劇も含まれているのではないか。というよりも子を持った親が受ける悲劇、そういう風に今回のリアは捉えたい。それだったら、わたしも少しは分かるかもしれないって気がしたの。
と書かれてて、その女性としてのリアがすごく魅力的に感じました。男と女、そして老いと幼さの間を自在に往復する白石さんの台詞は、その身体全体から伝わって来て心動かされました。

ちなみに、平均点の2つ★にした理由は、エドガー、エドマンド兄弟の副筋をすべて削除して、リアと三人の娘、それから道化以外はすべて影法師が演じるという思い切ったテキストレジにも関わらず、わざわざ最後に話のつじつまを合わせをしてるように感じられてしまった点が少し残念だったからです。そんなことより、白石さん演ずる「リアの心で起こる世界」だけをもっとずっと観ていたかったという勝手な観客の欲望ですね。それに6月に再演を観た第一弾の「マクベス」がよかったから、要求レベルが高くなってるのかもしれない。宮川彬良さんのピアノが前回よりも控えめだったのも、白石リアがクローズアップされてた所為かな。

上記で引用したパンフレットの言葉はメジャーリーグのサイトの企画書のページにも記載されています。
[PR]
by masarutetsuka | 2004-12-27 22:12 | 演劇

12/22-12/29「スプーキーハウス」(Piper)@全労済ホール/スペース・ゼロ

★★   12/24 パコちゃんがプレゼントもらってた(^^) ウェルメイドなドタバタ劇。でも竹中直人のこだわりのほうが自分は好きかな。 (手塚)
[PR]
by masarutetsuka | 2004-12-24 23:12 | 演劇

12/10-12/29「唐辛子なあいつはダンプカー」(竹中直人の匙かげん)@本多劇場

★★   12/23 あいまいな記憶にすがって生きる人々というのが自分には結構ツボでした。 (手塚)

木村佳乃の歌っていた「どうぞこのまま」はよかったなあ。丸山圭子の1976年のヒット曲なんですね。

1100円のパンフは値段高すぎだけど、歌詞が載ってて、二つだけある松尾スズキの作詞の歌がちょっと面白かった。舞台では全然聞き取れなかったけど(^^; 以下に一部引用。

「理由なんていいじゃない」
... /わかりたかっただけさ/わかりたい意味が/わからないだけさ/...

「勝ちたかっただけさ」
.../小学生なら/勝てると思った/...

パンフには唐辛子マンの厄除け開運御守が付いてて、たいしたものでは全然ないのですが、色が5種類あるそうです。自分のには黄色が入ってました。
黄:タイ東北部の山林を相続します。

これがホントならパンフなんて安いものなんですが...
[PR]
by masarutetsuka | 2004-12-23 00:58 | 演劇

12/16-12/29「三人姉妹」(tpt)@ベニサン・ピット

★★★  12/19 奥貫オルガ始め三人姉妹が可愛く、パク・ソリョーニの読み筋がアッカーマンらしい。 (手塚)

上の一行レビューには書かなかった補足。同じマメットの英訳台本を下敷きにしてることもあり、「映画「42丁目のワーニャ」を髣髴とした」、あと「トゥーゼンバッハ役の斉藤直樹の寝顔が可愛かった」。

ついでに'95年にtpt(当時はT.P.T)がデヴィッド・ルヴォーの演出で上演したの観たときの感想

英FTにtpt「三人姉妹」の短評というBlog記事を見て、FT紙のサイトの記事を読んでみました。終わりの部分を引用します。
What constantly struck me in this production was the quality of the attention to one another on the part of the actors. Those long metaphysical speeches the characters indulge in are interesting to listen to because those on stage are interested. There is never a dead moment, or a character who amid those complexities seems "out of it".

舞台で、周りの人物の視線ていうのは、重要ですよね。以前、RSCの来日舞台を観たときに舞台上の脇役の人たちの注意が、本当に真ん中でセリフしゃべってる人に集中している(ように見えた)ことに感心したことがありました。
[PR]
by masarutetsuka | 2004-12-19 00:28 | 演劇

12/ 1-12/ 8「お化けが出るぞ!!」(毛皮族)@スペース・ゼロ

★★   12/05 以前、駅前で一度観たきりですが、ハコの大きさに芝居がちゃんとついてってるのに感心しました。 (手塚)

ちなみに、前回一ヶ月公演をした駅前劇場はキャパ180名?
今回の全労済ホール スペースゼロのはりだしステージだと408席。
次回(来年7月)予定の本多劇場だと386席。
[PR]
by masarutetsuka | 2004-12-05 22:35 | 演劇

11/16-12/ 5「喪服の似合うエレクトラ」(大竹しのぶ・堺雅人出演)@新国立劇場中劇場

★★   12/04 ラストの大竹しのぶがかっこいい。マフィアの一族のお話みたい。黒服だし。 (手塚)
[PR]
by masarutetsuka | 2004-12-04 18:25 | 演劇

11/16-12/ 5「リンダ リンダ 」(KOKAMI@network)@シアターアプル

★★★  12/03 鴻上さんの芝居は舞台で演じられること以上のなにかを最初から前提としてるのかな。 (手塚)
[PR]
by masarutetsuka | 2004-12-03 00:56 | 演劇