ブログトップ

手塚の一行レビュー

tetsuka.exblog.jp

<   2005年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4/29- 5/ 5「笑うタンパク質」(青年団若手自主企画)@アトリエ春風舎

-感想- 04/30 突飛で演劇っぽいようでいて、TVのドラマを連想してしまったのは観てる自分の側の問題か? (手塚)
[PR]
by masarutetsuka | 2005-04-30 23:40 | 演劇

4/15- 4/17「夢の小箱にリボンをかけて」(表参道ベースメントシアター)@表参道FAB

★★   04/17 金子さやかを観に行った。長谷川康夫の口立て演出らしい熱い青春もので泣かされた。 (手塚)

長谷川さんは「亡国のイージス」の脚本も担当するそうです。
客席180、装置小道具一切なしなんて芝居は、ほぼ20数年ぶり。たった3日間というのは、さすがに初めてです。50過ぎのじじいが若かりし「アングラ」の日々を思い出し、新人のような気持ちで作らせてもらいました。

[PR]
by masarutetsuka | 2005-04-17 23:18 | 演劇

4/13- 4/17 「最終目的地は日本」(木山事務所)@俳優座劇場

★★★  04/17 自分は何者かを真摯に問う戯曲。「ダーリンは外国人」の人があんまりマンガとそっくりなのでピアニストに見えなかった(^^; (手塚)
[PR]
by masarutetsuka | 2005-04-17 00:07 | 演劇

3/25- 9/25「群読叙事詩劇 一粒の種」(作・演出・音楽・美術 J.A.シーザー)@愛・地球博 瀬戸日本館

-感想- 04/15 時間稼ぎのプロローグは退屈だけど、シアターの15分はライブの迫力十分。ロボットや猿なんかに負けるな! (手塚)

読売新聞の紹介記事
[PR]
by masarutetsuka | 2005-04-15 23:51 | 演劇

4/ 8- 4/10「Bitches Brew/Tacoma Narr…」(ローザス)@さいたま芸術劇場

★★★★ 04/09 ローザスの舞台を観るのはいつも快感。今回のは「コップの中の嵐」みたいな感じ? (手塚)

マイルス・デイビス(Miles Davis)の Bitches Brew について
「Bitch」というのは、マイルスの口癖のような言葉の一つで、普通は「雌犬=あばずれ女」みたいな悪口なのですが、マイルスは「すっげえ奴」みたいに親しみを込めた意味でよく使います。これを「Witches' Brew(魔女の秘薬)」に掛けた言葉だと思います。「飲んでみな、ぶっ飛ぶぜ」みたいな意味ではないでしょうか。

[PR]
by masarutetsuka | 2005-04-09 21:04 | 演劇

4/ 2- 4/10「タンポポ咲くソングライン…」(あなんじゅぱす)@こまばアゴラ劇場

初日を観たのですが、アフタートークのゲストで現代詩人の藤井貞和氏が最後に、観客のリクエストに応えて、詩の朗読を披露してくださって、なかなか興味深かったです。古典文学の研究をされている大学教授でもある方だったんですね。
[PR]
by masarutetsuka | 2005-04-05 11:01 | 演劇