人気ブログランキング |
ブログトップ

手塚の一行レビュー

tetsuka.exblog.jp

<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

12/ 4-12/30「死ぬまでの短い時間」(岩松了作・演出)@ベニサン・ピット

★★★★ 12/26 音楽劇のせいか分からないんだけど、自分のツボにはまりました。役者さんもみな魅力的に思えたし、すごく好き。 (手塚)
by masarutetsuka | 2007-12-26 23:16 | 演劇

12/ 7-12/30「ビューティ・クイーン・オ…」(長塚圭史演出)@PARCO劇場

★★   12/22 あの二人にはもっと人を寄せ付けぬ気位の高さがあってよいのでは。だからクイーンなんじゃないかと。 (手塚)
by masarutetsuka | 2007-12-22 23:42 | 演劇

11/23-12/ 7「失踪者」(松本修演出)@シアタートラム

★★★★ 12/08 こちらはやはり素晴らしい。「審判」との対照でより際だった点もありその意味で交互上演は意義があったかも。 (手塚)
by masarutetsuka | 2007-12-08 01:16 | 演劇

11/15-12/ 8「審判」(松本修演出)@シアタートラム

★    12/05 ちょうど「国家の罠」読んでたんで国策捜査かと思った。「異人の唄」もそうだけど井手振付の演出効果に疑問。 (手塚)
by masarutetsuka | 2007-12-05 00:48 | 演劇

12/ 1-12/ 2「転校生」(SPAC 演出・飴屋法水)@静岡芸術劇場

−感想− 12/02 劇場プログラム(200円)の対談で飴屋さんが「(もし自分か出演の女子高校生たちか)どちらか一方しか生き残れないなら、生き残るべきなのは彼女たち」というのに当り前に納得。 (手塚)

「演劇情報サイト・ステージウェブ」のサイトで
宮城聰が語る静岡舞台芸術センターSPAC秋のシーズン
http://www.stageweb.com/2007/11/spac2007.html
「平田オリザの戯曲に、十数年ぶりに舞台演出復帰となる飴屋法水を起用した意図は?」ということについて語ってる映像・音声が聞けます。
by masarutetsuka | 2007-12-02 23:38 | 演劇

11/14-12/ 2「異人の唄」(鐘下辰男演出)@新国立劇場中劇場

★    12/01 キャストに名前のない謎の「白い女」の役があったけど、話の設定もちょっとウーマン・イン・ホワイトとダブる? (手塚)

同じ感想の方がいらしたので、参考まで。
「国際派時事コラム・商社マンに技あり!」 ライブ版
http://plaza.rakuten.co.jp/yizumi/diary/200711250000/
by masarutetsuka | 2007-12-01 22:49 | 演劇