人気ブログランキング |
ブログトップ

手塚の一行レビュー

tetsuka.exblog.jp

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

12/13-12/28「三人の女」(竹中直人の匙かげん3 )@本多劇場

★★   12/23 食い足りない。岩松のパロディ? 赤松は一番重要な役と思えたのに途中でどっか行っちゃうし。 (手塚)
by masarutetsuka | 2008-12-23 22:53 | 演劇

12/11-12/22「日陰者に照る月」(文学座アトリエの会)@吉祥寺シアター

★★ 12/14 オニール戯曲は日本人には難役ばかりと思うけど富沢亜古さん演ずるあばずれ大女がだんだん聖母に見えてくる。 (手塚)
by masarutetsuka | 2008-12-14 23:02 | 演劇

11/15-12/ 8「冒険王」(青年団)@こまばアゴラ劇場

★★★  12/03 オリザさんも書いてますが、7年前の再演からの印象の変化が同じ芝居とは思えぬくらい。個人的にはイラク日本人人質事件の「自己責任」論が転回点のように感じる。 (手塚)

2002年の再演の時の感想。
1/ 9- 1/30「冒険王」(青年団)@こまばアゴラ劇場
★★★  01/20 なぜか初演の時と正反対の印象を受けた。せつなさが増して感じられた。 (手塚)

この時の「正反対」とはまた違う方向性で、今回も正反対の印象だったわけで、同じ芝居なのに再演のたびに印象の変わる不思議な作品。
by masarutetsuka | 2008-12-03 01:53 | 演劇