ブログトップ

手塚の一行レビュー

tetsuka.exblog.jp

<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

10/15-11/ 1「真田風雲録」(さいたまネクスト・シアター)@彩の国さいたま芸術劇場

★★★ 10/31 最初の子供時代の十勇士がお気に入り。佐助とお霧とかあのキャストのまま後もやるバージョンもあればいいのに。 (手塚)
[PR]
by masarutetsuka | 2009-10-31 23:21 | 演劇

10/23-11/ 3「ろじ式」(維新派)@にしすがも創造舎

★★   10/26 屋内のためか繊細さが増した完成度の高い舞台。トークでは松本さんはダイナミズムが足りなくて映像と照明に助けられたようなこと話されてましたが。 (手塚)

アフターパフォーマンストークは、松本雄吉さんとタニノクロウさん。松本さんの語りはとても率直で、今回のネタばれみたいな話もしてくれて興味深かった。笑ったのは、松本さんが今年の二月に会場の下見で蜷川さんのゴールドシアターを観て、「平均年齢90歳!(そんなわけないですが)の人間標本に対抗するために、今回の美術を考えた」という話。そのまま真に受けれる話ではないですが。

(2009.10.27追記)
ろじ式はねじ式からだったのか。
http://www.asahi.com/showbiz/stage/theater/TKY200910270294.html

(2009.10.28 追記)
こんなCM作ってたのか。曲は「スクラップ・バベル」ですね。 RT @natsumikan_t: CMができてた。 維新派 - ishinha - 「ろじ式」CMムービー http://bit.ly/1PI78U

トークで話していた次回公演の会場の話はこれみたい。
@axuluxa: 【瀬戸内国際芸術祭2010参加アーティストリスト】大竹伸朗、graf、李禹煥、安藤忠雄、オラファー・エリアソン、川俣正、C・ボルタンスキー、内藤礼、妹島和世、維新派、木下晋、他。ツボを押さえてますね。 http://tinyurl.com/ygyh45o

オフィシャルブログでトークの内容の一部が紹介されています。
『ろじ式』維新派 ポスト・パフォーマンストーク(松本雄吉×タニノクロウ)
[PR]
by masarutetsuka | 2009-10-26 23:36 | 演劇

10/ 3-10/31「ガス人間第1号」(後藤ひろひと演出)@シアタークリエ

★★★ 10/25 事前に予習しておいたせいかな?すんなり世界に入り込めた気がする。蛇足な結末は大王らしい。 (手塚)

アフタートークの模様がさっそくアップされてました。早いなー。
http://gas.toho-stageblog.com/2009/10/post_25.html

(2009.10.26追記)「舞台「ガス人間第1号」の主題歌「焼心者」が、ついに配信決定!」
[PR]
by masarutetsuka | 2009-10-25 17:29 | 演劇

10/20-10/21「島あつめ」(トリのマーク)@アート&カフェこぐま

★★ 10/20 変わらぬ、いつものトリのマーク。でも周りの風景は少しずつ変わってるし、本当はみんな変わってるんだろうな。当たり前だけど。 (手塚)

Twitter のつぶやきも再録。

# 毎日新聞の昭和31年の地図と重ねると http://showa.mainichi.jp/map/ 今日歩いたカフェこぐままでの道は押上方面から隅田川まで続く一本の比較的大きな通りだったみたい。

# トリのマークを観にカフェこぐまへ押上から建設中のタワーを背に歩いてみた。Navitimeで検索した通りの道順はほとんど一方向で曳舟駅からよりよほどわかりやすいそうだったが、あまりに狭い路地で不安になった。

(2009.10.21 追記)
出演者の原田優理子さんのブログ記事「本番一日目に考えたこと」。
[PR]
by masarutetsuka | 2009-10-20 22:58 | 演劇

10/ 3-10/18「血の婚礼」(tpt72)@横浜・BankART Studio NYK

★★ 10/17 以前のベニサンのよりよかった。誠実な演出。もっとけれんみがあればと思うのは欲張り? 朝倉摂が柱の邪魔なホールを素敵な空間に。 (手塚)

前のは2006年の公演でした。その時の一行レビュー
8/ 5- 8/20「血の婚礼」(tpt )@ベニサン・ピット 編集 | 削除 2006年 08月 16日
★    08/16 「川面に浮かぶ丸い白鳥」なんて言われてもそれが月のことだなんて...。詩的想像力の問題? (手塚)

[PR]
by masarutetsuka | 2009-10-17 21:42 | 演劇

twitterにフィードすることにしました。

@kettlemonkey です。試しに #enpe というタグも後ろに付けてみることにします。
[PR]
by masarutetsuka | 2009-10-13 23:05 | ブログ

10/ 8-10/12「わが星」(青年団リンク・ままごと)@三鷹市芸術文化センタ

★★★ 10/12 青年団リンクでこんなエンターテインメント演出観れると思ってなくて意表つかれた。星のホールがプラネタリウムみたいだったのも驚き。 (手塚)

(2009.10.13追記) ソーントン・ワイルダーの「わが町」からとった題名であることは観る前にチラシを読んでわかりましたが、あとから考えると、他のワイルダー作品『長い長いクリスマスディナー』(The Long Christmas Dinner)(1931年)や『危機一髪』(The Skin of Our Teeth )(1942年)なんかも入ってる感じ。
『危機一髪』の 翻訳本のAmazon の内容紹介を引用。
氷河、洪水、地震、戦争の破局を日常生活で乗り切ってきた人類一家。人間存在の不安・希望をコミカルに描く寓話劇。

ソーントン・ワイルダーの初期戯曲の中にある、後の作品への萌芽を論じられた論文を見つけました。「ソーントン・ワイルダーの『池を波立たせた天使』論―劇作家としての出発点―」(井上治)
[PR]
by masarutetsuka | 2009-10-12 19:17 | 演劇

10/10-10/11「盲導犬」(唐組)@井の頭公園内ジブリ…

●情報● 10/12 Wキャストとは知らなんだ。そういえば唐ゼミの新国立の時もそうか。今日は桃組。赤松銀杏はまってたけど藤井さんのも観てみたいかな。 (手塚)
[PR]
by masarutetsuka | 2009-10-12 00:15 | 演劇

一行レビューRSSの無星フィルタ

あんまりな感想は読み飛ばせない方もいるようなので、試しに無星の感想は省くフィルタを付けたものも作ってみました。

えんぺの一行レビューRSS(無星フィルタ)
http://pipes.yahoo.com/pipes/pipe.run?_id=9b860620b1c5f5881b67ecce5ca0ccaf&_render=rss
[PR]
by masarutetsuka | 2009-10-08 12:47 | ブログ

10/ 1-10/ 6「クリプトグラフ」(マレビトの会)@こまばアゴラ劇場

-感想- 10/06 マレビトの会観るのもう5回目だけどいまだ見方わからず。でも足を運んでしまうのはなぜだろう。 (手塚)
[PR]
by masarutetsuka | 2009-10-06 00:13 | 演劇